ナナママの楽しいポメ生活♪

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 悲しいお別れ。TOP2ぽめのコト ≫ 悲しいお別れ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

悲しいお別れ。

20080910_0005.jpg
 このブログにもよく登場してもらったマルチー
 ズのペルちゃん。
 百花&風花が一番懐いていて大好きな
 ワンコちゃんです。
 そのペルちゃんが・・・昨日
 小さなお星様になりました。
 享年8歳でした。
 まだまだお星様になるには早すぎる歳
 です。
 うちの子達はホントにペルちゃんが大好きで
 見つけるとダッシュで駆け寄って行きました。
 風花なんてチューばかりしてたよ。
 
それでも怒らずに相手をしてくれた優しいペルちゃんでした。

3ヶ月前に心臓発作を起してそれから病院通い。
多い時は一日に2本の注射。
5キロちょっとあった体重も3,2キロにまで落ちました。
それでも気分のいい日に、2ぽめを見つけると駆け寄ってくれていました。
すこしづつ好くなっていると信じていましたが・・・。

公園でお父さんのお話を聞いてショックと哀しみで何と言ってよいのやら
パニック状態でした。
何も知らずに側で無邪気にボール遊びをしている2ポメ達・・・。
もうペルちゃんには会えないんだよ。哀しいね。寂しいね。
perucan.gif

ペルちゃんのお父さんが帽子を脱いで『色々とお世話になりありがとうございました』と
深々と頭を下げられました。
私は気の利いた言葉が見つからず『うちの子達を見かけたらまた声を掛けてくださいね』
と答えるのが精一杯でした。
ペルちゃんも好きだったけどお父さんも大好きだった百花&風花なのです。

さようなら・・・ペルちゃん
虹の橋の向こうで心臓や肝臓のことを気にしないで
元気に駆け回ってね。
そちらにはナナもいるから大丈夫。
今頃はもう会えたかな? 
ナナは元気にしてた?よろしく伝えてね。

ペルちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
2ぽめのコト | Comments(10) | Trackbacks(-)

Comment

編集
残念ですねぇ~。
百花ちゃん、風花ちゃんの大好きなお友達がいなくなって・・・。
寂しいですね。
ご冥福をお祈りいたします。
2008年10月16日(Thu) 21:14
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008年10月16日(Thu) 21:43
編集
「色々とお世話になりました」と頭を下げたペルちゃんのお父さん。
辛い気持ちを考えると涙がでますね。
もしいつの日か、考えたくないけど
メルさんもお星様になるときがきたら…
ワタシはこんな風に言えるのかな…と考えてしまいました。
ペルちゃん、素敵なお父さんの家族になれてよかったね。
心よりご冥福をお祈りします。
2008年10月16日(Thu) 22:08
編集
ペルちゃんお星様になっちゃったんですね。
ブログの中でしか会えないワンちゃんだったけど、寂しいです。
百ちゃん、風ちゃんも寂しくなりますね。

昔実家で17年生きてくれたワンコが旅立った日を思い出して涙がでました。
あの時会社に母が電話してきて、仕事そっちのけで大泣きしたな~

ペルちゃんのお父さんも、きっと心にぽっかり穴が空いたような気持ちでいらっしゃることでしょうね、ペルちゃんとの楽しい思い出を胸に元気になられる日が来ますように・・・

ペルちゃん、お空でもいっぱい遊んでね
2008年10月16日(Thu) 23:20
編集
ナナママさん、こんばんは♪
本当に悲しいお別れですよね。
仲良くしてたお友達がいなくなって寂しくなったね。百ちゃん、風ちゃん。

心よりペルちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2008年10月16日(Thu) 23:27
編集
ペルちゃん、残念ですね・・・。寂しくなるね・・・。
8歳だったの?一気に駆け抜けて逝っちゃったんじゃね・・・。
我が家のルーも8歳と3ヶ月だったな。ひめは10歳と1ヶ月。
ペルちゃんのお父さん。病気と戦うペルちゃんを看るのは大変だったでしょうね。
うちはルーの時は心不全であっけなく。ひめは通院してからのお別れ。
どちらが良いのか、今だ答えはでないかな?

まろんとみんちゃんが14歳を過ぎた今、毎日が大事でこの子たち中心の生活です。
(姉ちゃんには我慢してもらう事が多いかな)
ず~っと癒しを与えてくれた2ワンさんに今度はお返しをしなくちゃね( ̄ー ̄*)


ペルちゃん、安らかにね。。。
2008年10月17日(Fri) 00:16
あら…
編集
あの…肝臓を悪くしたワンちゃんですヵ?
可哀想に…
お父さん、切ないですね (ノω・、) ウゥ・・・
私は姫がいなくなったら…
姫が居なくなる時は私も居なくなりたい_| ̄|○

うちも18年生きた先代ポメがいました。
老衰で亡くなったのですが、ポピがいなくなったの解ってるはずなのに…亡くなってすぐの時は、
気付いたら、ポピを探してたことがありました。
で、(*`・ω・)ハッ っとするんですよ…
o(´д`)oアァーもうポピ居ないんだ…って。

ほんと、キツイですよね…
初めて、自分の犬として、一人で飼った犬が姫なので、姫が居なくなったらとか…
どうなるんだろうと思います_| ̄|○
2008年10月17日(Fri) 01:07
編集
昨日お父さんが1人で来たので
もしかして死んじゃった?って思ったら
そうだったのでホントビックリしました。
まだ8歳って早すぎますよ・・・
すごく苦しくて辛かったと思います。
天国でナナちゃんやライチ・ミントと仲良く
遊んで欲しいですww

お父さんまた公園に来て欲しいですね。
2008年10月17日(Fri) 10:58
編集
お友達が虹の橋を渡って行ったのですね。
とっても悲しくて涙が出ます。
ナナちゃんと会えたかしら・・・
きっと向こうで元気に駆け回っているんでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。
2008年10月17日(Fri) 17:44
コメントをありがとうございます♪
編集
v-132さとこさんへ
お悔やみをありがとうございます。
とっても大好きだったお友達がお星様になり寂しくなりました。
ペルちゃんにはお空から2ぽめのことを見守ってて欲しいなと思います。

v-132メルママ。さんへ
お悔やみのコメントをありがとうございます。
お父さんの寂しそうなお顔が目に焼きついて離れません。
いつかは来る別れですがこう突然だと悲しみも大きいのでは?と思います。
お父さんはお孫さんの様に可愛がっておられました。

私たちも愛犬との生活を毎日大切にしていきたいものですね。

v-132うるるんさんへ
お悔やみのコメントをありがとうございます。
ペルちゃんちは子供さんはみんな結婚して独立されててお父さん、お母さん、ペルちゃんの3人暮らしでした。
だから今頃はポッカリと穴があいたように気を落とされているのでは?と気になっています。

うるるんさんも愛犬を亡くした経験をお持ちなんですね。
私もナナを亡くしていますのでどれぐらいの悲しみかはわかるだけに辛いです。

またいつの日か公園へ散歩に来られることを願っています。

v-132めぐchanままさんへ
お悔やみのコメントをありがとうございます。
うちの子達がとっても懐いていた子だったので私もかなり落ち込んでしまいました。
お父さんも2ぽめをとても可愛がってくださってましたので公園で会えないと思うと寂しいです。

でもきっとお空から見守ってくれてますよね。
そう思って元気を出します。

v-132まなみんくさんへ
お悔やみコメントをありがとう。
そっか~、ルーちゃんも8歳だったのね。
発作が起きてからはお父さんは必死でした。
最初の発作の時に先生から「もうダメかもしれない・・・」と言われたそうです。
「それから3ヶ月頑張ってくれました。よう頑張ったよ」とお父さんは泣きそうなお顔でお話してくれました。
発作が起きるたびに病院へ駆け込んで・・・。
大変な3ヶ月だったと思います。
ルーちゃんやナナみたいに突然は悲しみも大きいよね。
でも病院通いして辛い思いをさせるのも可哀想だし。。。。
どっちがいいかなんてわからないね。

まろたんもみんたんも毎日頑張っているね。
ホント恩返しだよね~。
どれだけ助けてもらったことやら・・・。
私も2ぽめとの生活をこれからも大切にしたいと思います。

v-132姫のお姉ちゃんさんへ
お悔やみのコメントをありがとうございます。
愛犬との別れは辛いですね。

私も初めて自分で飼ったワンコがナナでした。
お星様になったときはそれはそれは毎日毎日なき続けましたよ。
涙って枯れることがないんだってこの時知りました。
公園も辛くて通ることができませんでした。
いつかは来る愛犬との別れ。。。
お姉ちゃんも姫ちゃんとの生活を一日一日大切にしてくださいね~☆

v-132ここあままさんへ
とっても悲しい出来事で・・・。
私はペルちゃんとの付き合いも長かったので自分の子の様に寂しいです。
ポッカリ穴が開いた状態です。

でもあまり落ち込んでいてもダメなので元気をださなくては。。。
お空からペルちゃんが見守ってくれてますもんね。

v-132nanacoさんへ
お悔やみのコメントをありがとうございます。
ペルちゃんはうちの2ぽめが一番好きな子でした。
会うと大喜びではしゃいでいました。
そんな様子を見ると私まで嬉しくなっちゃって。
もうそんな光景が見れないのかと思うと寂しいです。
いつかはやってくる愛犬との別れ。
後悔しないように毎日を大切に過ごしたいものですね。
2008年10月17日(Fri) 18:55












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。